海外駐在エグゼキュティブ向けコンサルタント メンタルケアから事業課題まで一気に解決いたします

日本企業・組織から海外派遣される海外駐在員は、企業/組織から期待を受けている貴重な人財であり、日本にとっても大きな資産。
一方で、ある海外赴任を経験した人への調査結果では、「海外赴任中にストレスを感じた」とした人は62.2%と半数以上に上り、会社や上司からの支援については、現地の仕事や生活環境に適応するための役立つ支援を「受けていない」とした人が63.8%にのぼり、海外駐在員を送り出す企業/組織が十分に支援できていない実態が明らかになっています。また、海外駐在員の1割程度が1年で挫折・帰国していますが、実はその何倍もの人が途中でやる気をなくしているはず、との海外の研究もあり、海外駐在はストレスの多い仕事です。

初海外赴任前の不安、日本と海外現地でので役職・任務・スキルのミスマッチ、本社と海外現地の間で板挟み、海外でのマネジメント経験不足、相談者不在の一人駐在、日本本社のサポート不足、海外現地でのコミュニケーションスキル不足、健康状態管理の不安、家族の海外現地での生活の不安、帰任後のキャリア不安…

海外駐在員・駐在予定者の心理的なストレスと異文化でのコミュニケーション含む海外特有の事業課題に対して、パーソナルコーチングならびにコンサルティングでメンタルケアから事業課題まで実践的に解決し、どんな環境でも赴任目的を完遂し、最高の海外駐在生活を手に入れて頂きます。

PROFILE

LIFE SHIFT JAPAN株式会社 
代表取締役 玉本潤一

日系グローバル企業で17年間真ん中を走り続けたキャリアに終止符を打ち、人々の人生に安心と爆発を直接的にもたらすべく、2018年4月よりLIFE SHIFT JAPAN株式会社を立ち上げ、主に海外駐在員時代に苦労した経験を背景に、海外駐在員・予定者向けのパーソナルコーチ/コンサルタントとして活動中。MBA含む経営企画管理経験+広範なコーチングマインド+海外ビジネス実践経験という珍しい経歴を生かし、「メンタルケアから事業課題まで一気通貫でサポート」ができる国内でも希少なパートナーである。

NEWS

MORE

BLOG

MORE