コーチング

 海外でリーダーシップを発揮して現地組織を動かすためには、大きく「セルフリーダーシップ」「異文化コミュニケーション」「マネジメントスキル」の大きく3つの力が必要になると考えています。
中でも、「セルフリーダーシップ」は、海外駐在期間中は、メンタル状態管理が難しいく赴任期間を通して維持することが重要になってきます。海外のどんな環境においてもよりどころとなる御自身の確固たる全くブレない軸を作り、環境に振り回されず自分のmission、vision、価値観に従って目標達成に向けて行動して頂く最高の状態を作ります。

海外駐在員のぶち当たる問題の多くは 「異文化コミュニケーション」に該当します。単純な英語力UPの話であれば簡単ですが、むしろ周囲との関わりの中でのご自身の「在り方」を作り、置かれた立場、組織や構成員に合わせて”実践的に影響力を出す”ための異文化コミュニケーションができるようご支援します。また、実際にグローバルにビジネスを運営して行く中で必要なマネジメント知識とともに、実際に事業を回して行くためハンズオンの経営コンサルティングサービスをご提供いたします。

クライアントが赴任ミッションを現実に完遂して頂くために、6ヶ月、1年という一定期間の間、クライアントの現状に最適なプログラムをご提供し、パーソナルコーチ・コンサルとして責任を持って併走する形を取っています。体験セッションも承っておりますので、ご興味をお持ち頂いた方は、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォームへ