ビジョン

「この世の全てが愛と情熱に満たされ、
熱い魂で人々が繋がり合う世界」

どんな人も、生まれながらに愛と情熱を持って生まれてくる。生きる中で、気がつけばいつからかその愛と情熱の火を隠したり、弱めたり、時に消してしまったり。世間的にうまくいっていると思われる人ほど自分に聞いてみて欲しい、今のあなたは、本当のあなたですか?人々が、それぞれの愛と情熱をそのまま生きたら、どんな人生になるだろうか?どんな世の中になるだろうか?最後に「私は生きた」と胸を張って言える人生を選択してみてはどうだろう。その先に、それぞれの人生を尊重し合い、愛と情熱で溢れかえり、熱い魂の輪で繋がり合う世界があると信じる。

ミッション

「人々の人生に安心と爆発をもたらし、
熱い魂の輪を世界に広げること」

今の時代、人生のレールはもはや存在しない。人々が自分の「人生」を自分で定義し、自分の人生を生きると決断することが益々重要になっている。中でも日本人がそれを実現するためには、世界各国と比べ圧倒的に低いと言われている日本人の自己肯定感(*1)、つまり自分の存在価値を認められない状態を卒業し、自己肯定感を高め合うことが必要。「あなたはすでにリソースフルで、いるだけで十分価値がある」。9年間海外から日本を憂い、そして思い描いた自己肯定感に溢れる日本、熱い魂の輪で繋がる日本、これを実現して後世に残したい。

(*1) 自己肯定感の低い日本人
日本人の自己肯定感は世界の中で圧倒的に低いと言われています。国立青少年教育振興機構が行なった、日本・米国・中国・韓国の高校生を高校生を対象とした調査結果でも、このことが浮き彫りにされてきました。
「自分はだめな人間だと思うことがあるか?」という質問に対して、「とてもそう思う」「まあまあそう思う」と回答。
日本人 72.5%
中国人 56.4%
米国人 45.1%
韓国人 35.2%
高校生の生活と意識に関する調査(平成27年度調査)より

キャッチフレーズ

「人は人で動く」

でも最後の一歩が決断できない。。。最後は、人の確信に触れることで人は動きだすと信じています。それが、順風満帆な会社勤めを辞めて、人々の人生に直接火をつけるこの仕事を選んだ理由。どこの国にいようとも、将来どんな時代になろうとも、これだけは変わらない信念。

コーポレートロゴ

ロゴ
ロゴの青色は「安心」、左下から右上への白帯は「爆発」、丸いマークは「熱い魂の輪」を意味している。炎と同じく赤より青いが熱い、そんな熱い魂の輪を作る思いが反映されています。社名に冠したLIFE SHIFTの由来は、2016年11月に日本で出版されたロンドン・ビジネススクール教授リンダグラットン氏著「LIFE SHIFT ライフシフト」で書かれた世界です。それは、旧来の教育→労働→老後の3ステージ型人生設計からマルチステージ型人生設計への移行する世界、つまり人々が物心ともに自立した立場に立つ世界、つまり自分を信じ切っている世界。LIFE SHIFT JAPAN株式会社は、そんな自分を信じきっている人々で溢れかえる世の中を作ります。